2016年12月5日月曜日

ITってなんぞ? 【回路やデジタルの自己満説明!】

この記事は電気回路、デジタル機器、コンピュータの動作原理の話ですよ。

--------------------------------------------------- 話の内容
○ハードウェアとソフトウェアの違い
○単なる情報に価値が出る
------------------------------------------------------------

ITってなんぞ?
Information Technologyの略だそうです。
ITビジネスとか情報化社会とかなんとかかんとか耳にしますが、何なのでしょうか?
そもそも情報って??


情報とは…そのまんま情報です。
実体のないものなんだけど知ってるとなんか役に立つ、そういうものです。
実体のあるものは「ハードウェア」、実体のないものを「ソフトウェア」と呼んでいるようです。




[ハードウェアの例]
AさんからBさんへ茶碗をプレゼントしたとします。
そうすると、Aさんの手元から茶碗はなくなり、Bさんの手元には元々なかった茶碗が出現します。
Aさんの手元に茶碗が戻るのはBさんが返却した場合に限られます。
これが実体のあるハードウェア(茶碗)の例です。

茶碗をどんなに精巧に複製したとしても、
それはBさんへプレゼントした茶碗とは別の茶碗だということに注意です。

同一のものが存在しない世界です。まぁ、現実の世界ですな。

[ソフトウェアの例]
AさんからBさんへ電話番号を教えたとします。
BさんはAさんの電話番号をゲットしますが、Aさんは自分の電話番号を忘れるわけではありません。
これが実体のないソフトウェア(電話番号)の例です。


なんだ電話番号くらい…そんな程度かと思うなかれ。
それがもし、全国の電話帳すべてだったら?近隣のスーパーすべての特売チラシだったら?
お孫さんの成長を記録した映像だったら?

大量の情報が、ちゃんと分類分けされて、見たいときに瞬時に見れるものだったら…
どうでしょう?価値がありますな?


それが可能になる世の中、商売として成り立つ世の中、それを情報化社会と呼んでるみたいです。



----------------------------------------------- ここから余談
パソコンの操作の中で「移動する」という操作がありますが、あれはコピーした後、
元のデータを消してるだけなんです。コンピュータの中では移動という概念は存在せず、移動したように見せかけてるだけなんですな。


こんな話でしたが内容は伝わりましたでしょうか。
--------------------------------------------------- 話の内容
○ハードウェアとソフトウェアの違い
○単なる情報に価値が出る
------------------------------------------------------------


【関連記事】  デジタル?アナログ?
価値ある「情報」?




スポンサーリンク

スポンサーリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿