2017年2月8日水曜日

殺人は良いこと?悪いこと? 【休むに似てる自己啓発】

ちょっとトラブルがありブログを更新できずにいましたが再開します。

マジメなポク太郎の記事です。
---------------------------------------------- お断り ----------------------------------------------
ここに書いてあることはポク太郎一個人の考えです。
これが“間違えのないもの”であるというつもりはありません。(人類が解明していないことも確からしさを予想して書いておりますので。)
何かを考える場合に、こういう風にものを捉える人間もいるんだと読んで頂けると幸いです。
---------------------------------------------- お断り ----------------------------------------------

昔、大学の入試で出た小論文の問題がニュースで放送されたのを覚えています。

   【質問】殺人は良いことか?悪いことか?


この質問で何を書けというのでしょうか。
当時はそう思った記憶があります。
ですが、ずっと気になる問題として記憶に残り、よく考えるようになってしまいました。


こういう問題に明確な正解があるわけではないのですが、ポク太郎の答えは以下。

----------------------------------------------------------------------------
良いこと、悪いことという“価値観”は目的によって変化するものである。

例えば、
発電をするという目的であれば、原子核を分裂させエネルギーを取り出すことは良いことになるが、
放射能を発生させないという目的であれば原子核を分裂させることは悪いことになる。


人類の目的は少なくとも数世代先まで幸せな暮らしを営むこと、を目的としており、
殺人を行えば当然幸せな暮らしが妨害され目的に反する。

従って、殺人は“悪いこと”である。

社会的には、頭ごなしに“悪いこと”と決め付けているが、それは、取り返しの付かない行為であるため、
人間の精神状態がどのような状態になっても起こらないようにするため。


余談になるが、
性善説、性悪説は、世の中の価値観が決まったもの(大人の価値観)であることを前提として論じたものである。
赤ん坊は目的のために行動するだけで、その行為が人間として良い悪いなどと判断できない生き物である。
つまり、どちらを信じるかなどという議論は意味がない。
----------------------------------------------------------------------------


ふざけたポク太郎がマジメに考えた結果、古代中国の賢人達をぶった切ってしまいました。
コレが答えだ!とは言いませんが、言いたかったことは

   「良いこと悪いことという価値観は目的によってころころ変化する」

ということです。


何でこんな話を?と思われるかと思いますが、この後続いていくかも。


【関連記事】相手がいい思いをする=自分の損?
勉強ができる人は能力が低い?
馬のヒヅメは何でコツコツ
自分が一番


スポンサーリンク



ブログ村へ blogramのブログランキング

ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」 コンテンツ
ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」最キラー記事 コンピュータ(ハード/ソフト)
映画・ドラマ・芸能
変人のつぶやきとトラブル
ホームへ戻る


0 件のコメント:

コメントを投稿