2017年2月7日火曜日

[UWSC]文字列操作あれこれ2 [自作関数]

初心者のプログラミング導入のため、簡単な自作関数を作って公開しているブログ。今回は、文字列データの中に指定したキーワードがあるかどうかを判別する関数です。

記事の内容

○キーワードのありなしを調べる関数
    戻値(int)=kwyword(txt,word)

もう一つ文字列操作の関数を。

●キーワードのあるなしを判定する

データの中に目的のキーワードがあるかないかを判定したい場合がよくあります。
毎回判定プログラムを作るのは面倒なので、関数を作っておきます。

関数の仕様とソースは、
自作関数keyword R=keyword("Pokutarou","tarou")   Rには1が代入される(キーワードが含まれている)
R=keyword("Pokutarou","hoge")   Rには0が代入される(キーワードが含まれていない)
FUNCTION keyword(txt,word)
    tmp=replace(txt,word,"")
   if tmp=txt
    RESULT=0
   else
    RESULT=1
   endif
FEND

呼び出し側からは、例えば、
if keyword("http://pokutaro.blogspot.jp/","pokutaro")=1
 命令
endif
などとして、判定に使います。



記事の内容

記事の内容は伝わりましたでしょうか。
○キーワードのありなしを調べる関数
    戻値(int)=kwyword(txt,word)


関数群のダウンロードはこちら
func_poku.uwsのコメント欄に呼び出し方が書いてあります。


【関連記事】  [UWSC]配列の最大要素を返す関数
[UWSC]タイムアウト関数
[UWSC]文字列操作あれこれ
UWSCにします




スポンサーリンク

スポンサーリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿