2017年2月14日火曜日

[UWSC]配列の最大要素を返す関数 [自作関数]

初心者のプログラミング導入のため、簡単な自作関数を作って公開しているブログ。今回は、配列変数の最大要素を返す関数です。

記事の内容

○配列の最大要素を返す関数
    戻値(int)=ubound(ARRY)

昔使った開発環境にあった関数で便利なものを移植その2。
配列変数A[0]、A[1]、A[2]、A[3]、A[4]、A[5]
とあった場合、その最大要素5を返す関数です。

●ubound関数

関数の仕様とソースは、
自作関数ubound dim A[5]
Intg=ubound(A)   Intgには配列変数の最大要素5が入る
FUNCTION ubound(d[])
    RESULT=LENGTH(d)-1
FEND

呼び出し側からは、例えば、
for i=0 to ubound(A)
 if A[i]=""
  ここに色んな命令を書く
 endif
next
などとして、配列変数の中を順番に調べて判断したりするのに使います。

その他プログラム中にある命令・関数
DIM 配列名[最大要素番号] 配列変数の宣言文です。UWSCではこのように宣言します。
for 変数=整数1 to 整数2 step 整数3
next
変数を整数1から整数3づつ大きくしていって整数2まで
next文との間をループする命令です。
これは大抵の開発環境にあるループ命令です。


通常は、当たり前のようにメインプログラム中に
for i=0 to LENGTH(A)-1

next
と書きますが、「あれ?この言語って1引くんだったっけ?」と分からなくなって調べるのが面倒なので関数にしておくと便利です。
この例で対応しているのは1次元配列だけです。



記事の内容

記事の内容は伝わりましたでしょうか。
○配列の最大要素を返す関数
    戻値(int)=ubound(ARRY)


関数群のダウンロードはこちら
func_poku.uwsのコメント欄に呼び出し方が書いてあります。

【関連記事】  [UWSC]日付時刻を文字列で返す関数
[UWSC]よく使う記号をグローバル宣言
[UWSC]タイムアウト関数
[UWSC]文字列操作あれこれ2




スポンサーリンク

スポンサーリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿