2017年2月16日木曜日

[UWSC]よく使う記号をグローバル宣言 [自作関数]

初心者のプログラミング導入のため、簡単な自作関数を作って公開しているブログ。今回は、よく使う記号や文字をグローバル宣言しておく関数です。

記事の内容

○よく使う記号や文字をグローバル宣言

プログラム内でのちょっとしたメモやデータを記憶する際に、
そのフォーマットを作るため、色んな記号や文字を使ったりします。

そこで、よく使うものをグローバル変数に入れちゃいます。
ポク太郎の全部のプログラムで同じように使いますので。

●よく使用する記号をグローバル変数として宣言する関数

関数というほどのものではないので、ソースだけ。
FUNCTION global()
 PUBLIC sp=chr(9)
 PUBLIC spp="\"
 PUBLIC spv=chr(11)
 PUBLIC dq=chr(34)
 PUBLIC enter=chr(13)

 PUBLIC SX1,SY1,SX2,SY2//画像検索範囲用のパラメータ

    RESULT=1
FEND

PUBLIC sp
とあるのは、spをプログラム中のどこからでも呼び出せるグローバル変数として定義しますよというUWSCの命令です。

「画像検索範囲用のパラメータ」とあるのは、
UWSCは画像を検出して制御ができるのですが、その検索範囲を設定するのに楽かなと定義しておきました。


すべてのプログラムで最初にこの関数呼んでおくと、書いている最中にいちいちASCIIコードを調べる必要がなくなります。
spTAB文字
spv垂直TAB文字
sppパスの区切り文字
dq"(ダブルクォーテーション)
enter改行



記事の内容

記事の内容は伝わりましたでしょうか。
○よく使う記号や文字をグローバル宣言


関数群のダウンロードはこちら
func_poku.uwsのコメント欄に呼び出し方が書いてあります。

【関連記事】  [UWSC]日付時刻を文字列で返す関数
[UWSC]配列の最大要素を返す関数
[UWSC]タイムアウト関数
[UWSC]文字列操作あれこれ2

グローバル宣言のための関数

UWSC自作関数解説



スポンサーリンク



blogramのブログランキング



0 件のコメント:

コメントを投稿