2017年2月24日金曜日

[UWSC]配列変数と関数 [使い方まとめ]

初心者のプログラミング導入のため、簡単な自作関数を作って公開しているブログ。今回は、配列変数を関数に渡す、関数の戻り値を配列変数に入れる方法をまとめました。

記事の内容

○配列を関数の引数として渡す
○配列を戻り値として返す関数

扱うデータ量が大きくなってくると配列変数は便利です。同じように関数も便利です。
UWSCでは関数に配列変数を渡したり、関数から配列変数をもらったりできるのでさらに便利。
というわけで、関数への配列の渡し方、関数の戻り値を配列で返す方法をまとめます。

配列を関数の引数として渡す

関数のソースは、
FUNCTION poku(A[])
    RESULT=A[0]
FEND

呼び出し側は、
DIM hairetu[5]
    hairetu[0]=5
    hairetu[1]=4
    hairetu[2]=3
    hairetu[3]=2
    hairetu[4]=1
    R=poku(hairetu)
    //Rには5(つまりhairetu[0])が入る

関数側では、FUNCTION poku(A[])と定義し、
呼び出し側では、R=poku(hairetu)と[]なしで指定します。


配列を戻り値として返す関数

関数のソースは、
FUNCTION poku()
    DIM A[5]
    A[0]=5
    A[1]=4
    A[2]=3
    A[3]=2
    A[4]=1
    RESULT=SLICE(A,0,4)
FEND
呼び出し側は、
    hairetu=poku()
    //hairetuには、
    //hairetu[0]=5
    //hairetu[1]=4
    //hairetu[2]=3
    //hairetu[3]=2
    //hairetu[4]=1
    //が入る

関数内で配列変数を定義し、
RESULT=SLICE(配列名,開始要素番号,終了要素番号)
とします。
呼び出し側では、要素数を指定する必要もないようです。


記事の内容

記事の内容は伝わりましたでしょうか。
○配列を関数の引数として渡す
○配列を戻り値として返す関数



関数群のダウンロードはこちら
func_poku.uwsのコメント欄に呼び出し方が書いてあります。


【関連記事】  [UWSC]指定画像が表示された座標を返す関数
[UWSC]ファイル操作の関数
[UWSC]日付時刻を文字列で返す関数
[UWSC]よく使う記号をグローバル宣言

配列を関数の引数として渡す方法、配列を戻り値として返す関数をまとめて説明

UWSC自作関数解説


スポンサーリンク



blogramのブログランキング



0 件のコメント:

コメントを投稿