2017年9月7日木曜日

RYZENで自作したPCでBlueStacksを動かしてみた[動画あり]

RYZENのPCでBlueStacksを動かしてみました。
ポク太郎です。
先日自作したRYZENのPCでBlueStacksを動かしてみました。十分なスピードで動くでしょうか。


RYZENパソコンのスペック

使用したPCのスペックは以下です。
RYZEN機
CPU RYZEN 5 1400
MEM DDR4-2666
DISK SSD(MLC)
GRAPHIC Radeon HD6450(←笑)
OS Win7 64bit


BlueStacksとは

BlueStacksとはパソコン上でAndroidを実行させるエミュレーター(シミュレーターともいう)。AndroidOSに対して「あなたは今、タブレットの上で実行されてるんですよ。」と嘘をついて騙くらかし、パソコン上にタブレットを作り出すソフトウェアです。



BlueStacksのインストール

先ほどのリンクからダウンロードし、実行すると以下のようなインストーラが出来上がります。

上のインストーラ(やたらと長い名前)をダブルクリックして実行すると、


とインストールが始まります。
インストール作業自体はこれだけ。ですが、この後GoogleにサインインするためにGoogle-IDの入力が必要になります。

今回使用したバージョンはこちら。(現時点での最新版)


BlueStacksでブラウジング

適当なページと動画を閲覧してみました。Androidはタッチパネル操作ですが、代わりにマウスで操作する仕様になっています。
video


BlueStacksでテトリスをプレイ

テトリスをやってみました。
video
何で黄色いの出てこないんだ…。

※ファイナルファンタジー15などもやってみたのですが、ジジイにはゲーム内容の概念がわからず操作できませんでした。レスポンス自体は特に気になりませんでしたが。(特にラグいなどの印象はなし)



動作スピードは特に問題ないように思えます。
RYZEN5 1400(+グラボにRadeon HD6450 ←w)でもそれなりに動きました。


関係ないですが、
現在のコンピュータはこれだけのことができます。にもかかわらず、ただのブラウジング処理をあそこまで重くできるFireFoxてブラウザはナニモノなのでしょうか。(←最近のFireFoxは異常に重いんです。)


【関連記事】RYZENやCore-i7とかのベンチマークやってみた【自作PC】
【RYZEN】枯れ果てたオタクがパソコン新調【自作PC】


スポンサーリンク



↓ Ctrlキーを押しながら ↓

ブログ村へ blogramのブログランキング

ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」 コンテンツ
ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」最キラー記事 IT関連
映画・ドラマ・芸能
ブログ運営
アホの雑記
ホームへ戻る

スポンサーリンク





0 件のコメント:

コメントを投稿